大須にオープン『かわうそフレンズ』動物好きにはたまらない癒し空間だった!!

10月に大須にオープンした『かわうそフレンズ』へ行ってきました!
「かわうそ」だけでなく、ハリネズミ・プレーリードッグ・ファンシーラット・フクロモモンガもいて、動物好きにはたまらない”ワンダーランド」だったのでした!

 

場所は大津通る、矢場町と上前津の真ん中あたりです。
こちらの看板のある中駒ビル、この看板が目印です。
奥のエレベーターで5階へ上がったら、左側に『かわうそフレンズ』があります。

ビルの一室は動物がいっぱいのワンダーランド!

 

 

奥は街中のビルの一室とは思えない眺めです(笑)
かわいすぎて、どの子のところへ行こうか迷っちゃいますよ。

カワウソの小梅&小豆

かわうその小梅(こうめ)と小豆(あずき)、2歳ほどで体重は5kgほどだそうです。
少し大きめなのが女の子の小梅。
常に一緒に走り回っていて、とても仲がよさそう。

ケージの手前にはホールがついていて、運がよければ握手ができます。
気まぐれなので立ち止まっても、なかなか手を差し出してくれないので気長に待ちましょう。

カワウソさん、かわいい5本指の手を上手に使って結構器用です。

エサの魚を食べる姿はかなりワイルドなカワウソさん、鳴き声は「キュン、キュン」とかわいらしいんですよ。
ほら、ヨチヨチ歩きの子がはく草履の音みたい。

一見するとゴワゴワと固そうなカワウソの毛並みですが、触ってみるとつやつやとしてなめらなんですよ。
お腹はもっちりして気持い!!

まだまだ赤ちゃんの元気

小さなケージにいるのが、まだ半年の元気(げんき)ちゃんです。

スタッフさんが抱っこするとこんな感じ。

まだ子どもとは言え、噛まれると結構痛いそうですから、小さなお子さんがふれあう時には気をつけましょう。

フクロモモンガ

ぴったりと寄り添ってお昼寝するフクロモモンガ。
手を広げた姿も見たいけれど、昼間はお昼寝していることが多いそうです。

ハリネズミの大きいのと小さいの

まずは小さなハリネズミさん。
いやはやかわいすぎて・・・・。

ハリネズミさんの家。
夜行性なので、こちらで丸まって昼寝している姿もキュート!

こちらは大きなハリネズミさん。
ハンドボールくらい?大きくてかわいいのです。

プレーリードッグ

寝顔がかわいすぎ!

相方が寂しかったのか、起こされちゃいました。


眺めているだけで飽きません。

産まれたばかりのファンシーラット

母ラットと一緒にわにわにとおチビちゃんたちが!

生後4日目、まだ目も開いてません。
なんともかわいいですね。

かわうそフレンズのシステムは?

入場料(ワンドリンク)

  • 1,500円(中学生以上~)
  • 1,100円(小学生)
  • 1,000円(1さい~)

ふれあい 500円(1個体)

えさやり  500円~

まとめ

私がお邪魔したのは11月の初めでしたが、今では「ミニブタ」など仲間が増えてるようです。

これだけ身近で動物たちを見られるなんて、動物園では味わえない迫力!!
さらに、お気に入りの動物と触れ合えるなんて素晴らしいですよね。

この日はお一人様から、女同士、男同士など、たくさんの方が見えていました。
ほとんどの方が、お気に入りの動物とふれあってましたよ。
是非、足を運んでみてくださいね。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です