食糧危機【食糧備蓄】調味料も値上げ!生活防衛&食料危機に備えて早めの備蓄を

調味料で値上げを公表しているのは「ミツカン酢」「味の素」「日清」など。

お酢は6月~、食用油は7月から値上げ。他にもカレー、お菓子、ビールなど値上げラッシュが続きます。

今回は生活防衛の”値上げ前の買いだめ”ではなく、食糧危機に備えて長期保存が可能なものを備蓄しました。

醤油

まずは醤油、醤油は昔ながらの材料と製法で作られたものは長期保存が可能です。

さらにペットボトルより瓶の方が空気を通さず酸化しにくいとのことで、ネットで添加物が入らない瓶のおしょうゆを探して購入しました。

ポン酢しょうゆやだし醤油など余計なものが入っているものは賞味期限以内に使いきりましょう。

お酢

6月からの値上げを発表した「ミツカン酢」、近くのドラッグストアは店頭から900ml瓶が消えて500ml瓶ばかりになっていました。

お酢も賞味期限がありますが昔からの原料で作られているものは長期保存が可能です。

ちなみにお酢は洗濯の柔軟剤にもなるので(お酢の香りは残りません)、賞味期限を越えても異臭などしない限り使いまわし可能です。

日本酒

料理酒代わりに日本酒を購入、ブランドではなくお値打ちなものをチョイスしました。

日本酒も保存環境がよければ長期保存が可能、お酒としておいしくいただくなら賞味期限に飲み切りましょう。

食用油

食用油はJオイル、日清、味の素など大手すべてで7月からの値上げを公表しています。

我が家ではオリーブオイルとごま油2種類を使っているので備蓄。

「エキストラバージンオイル」は2023年8月。

揚げ物用は「ピュアオリーブオイル」、賞味期限は2023年8月。

運よくガラス瓶入りがセールになっていたので4本ゲット。

ごま油は2023年6月、賞味期限を超えそうですが多少なら大丈夫でしょう。

ドレッシングやパンなど、生のままで使う場合はコストコで購入したミニオリーブオイルを。

10個づつ真空パックにして保存してあります。

味噌

味噌は長期保存が可能な保存食ですが、最近のお味噌は添加物がはいったり、塩分を少なくしてあるので長期保存できないそうです。

余計なものが入っていない味噌を探して見つけたのがこちらの八丁味噌、昔ながらの「大豆」と「食塩」のみで作られたお味噌です。

アルミ真空パックで3年保存が可能、食糧備蓄にぴったりですね!

塩も大切、塩も腐りませんから多めに購入しても大丈夫ですよ。

砂糖

砂糖も長期保存が可能ですが、やはり冷暗所に保存しましょう。

さいごに

値上げ対策というより、食料不足で買えなくなったらという前提で2年を目安に備蓄しています。

小麦の値上げが騒がれていますが、醤油や味噌などの原料になる”大豆”も取引価格が上昇しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です