破れた椅子は自分で張替ちゃおう!素人でも以外と簡単にできて安上がり

おばぁばです。
今回10年愛用してきたダイニングテーブルの椅子座面を、思い切って自分で貼り替えてみました!

手順としては難しくはなく、図画工作レベルでできます。
道具も難しいものは必要ありませんが、材料を揃えるのが大変でした。

だいたいの要領はわかったので、次回のための覚え書きをさせていただきます。
ド素人のおっかなビックリの張替作業ですが、参考にしていただければ嬉しいです。

愛用してきたダイニングテーブルセットの椅子、さすがに座面が薄汚れてきた上に裂け目まで出来てしまいました。
いよいよ張替するか、新しく買換えを考えなければなりません。

どこかで張替をしてもらうとすると、新しいものを買うのと変わらないくらい費用がかかってってしまうようです。
とは言っても、新しく買い替えるとなるとお揃いのテーブルはどうしましょう?
「う~ん。」と悩んでいるうちに座面の裂け目はどんどんと大きく、酷くなってきてしまいました。

今の椅子は座り心地もよくて気に入っているので、出来たらこのまま使いたい。
とは言っても張替に出してしまうと、その間椅子なしで過ごさなければならないのも不便です。

そこで思い切って張替にチャレンジしてみることにしました!
我が家のように座面をカバーで包み込んだようなシンプルな椅子(上の画像)は、張替が比較的簡単なんだそうですよ。

椅子の張替に必要な材料を揃えましょう

まずは必要な材料を揃えます。

上の画像は座面を解体したところです。

必要なのは木の座面以外の3つですね。
実店舗では座面が40㎝角以上の材料を見つけるのは難しかったため、今回はネットで購入しました。

  • ウレタン10mm厚→座面+5㎝ほど
  • ビニールレザー→座面+15㎝~
    (座面板1㎝+ウレタンチップ2㎝+ウレタン1㎝でマチが5㎝ほどになるので余裕は15㎝くらい欲しいです)
  • ウレタンチップ20mm厚+座面と同じ

フェイクレザー生地

ダイニングチェアなので、簡単に拭き掃除ができるようにフェイクレザーで張り替えました。
フェイクレザーは若干ストレッチするので扱いやすいです。
座板サイズ+約15㎝幅の余裕があると、初心者でも失敗がないです。

ネットショップだとカラーがたくさん選べるのでネットショップでの購入をおススメします。
実店舗だと大型店でも7色、近くのユザワヤは黒と白しか在庫がなかったです。
ショップによっては見本をお取り寄せできます(有料)。

 

ウレタン10mm厚

こちらは台座サイズ+10㎝幅が必要です。

ウレタンロール2m 厚み10mm

 

ウレタンチップ20mm厚

このウレタンチップも実店舗では50㎝角を見つけるのは難しかったです。
ウレタンロール、ウレタンチップ、フェイクレザー生地がすべて一緒に揃う店舗は楽天市場では、こちらのリスタだけでしたので、送料節約のためこちらで一括購入。
ただしこの店舗の商品は、ウレタンチップ+ウレタンのMIXになるのでクッション性が若干違ってきます。

>椅子の張替用ウレタン 厚み20mm 500mm角

椅子の張替に必要な道具を揃えましょう

椅子の張替に、特殊で高価な道具は必要ありません。

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • ペンチ
  • タッカー
  • 敷物
  • 軍手

プラスドライバー

椅子の台座の取り外しと取り付けに使います。
家にあるものか、100均のもので十分です。

マイナスドライバー

生地を張り付けたタッカーを外すのに使います。
実はこのタッカー外しが一番の難関で手間がかかりました。

出来たら大きめで、丈夫なドライバーがあると作業が少し楽になります。
(途中で大きめのマイナスドライバーをDIY好きな知り合いから借りたら作業が楽になりました。)

ペンチ

厚みがあり、しっかりと掴めるものが使いやすいです。
これだけは、張替のために購入しました。

タッカー

タッカーはMAXのクラフト用を持っているので、それを使いいました。
元々使われていたタッカーより針が小さいですが、これで十分ことたります。

ダイソーで300円で売っているタッカーも意外と使えると聞いて実際に試してみましたが、どちらも性能的にほぼ差はありませんでした。


上がMAX、裏がスチールになっているので重量感はありますね。
またタッカー外しもついるので便利といえば便利かも。

ただしダイソーのタッカーには替え芯がついてこないため替え芯を用意する必要がありますが、ダイソーで売っている替え芯は弱いのでMAXの替え芯1208Fをお勧めします。

MAXのタッカーは最初から替え芯400本がついています。
1脚につき80本くらい使いました。(座面サイズによって必要本数は違ってきます。)

 

敷物

床の傷防止、騒音防止、滑り止めに、厚めの布などを用意しましょう。
今回はキルト生地を用意しましたが、布団の敷きパットなどでもいいと思います。

軍手

タッカーや木板のささくれなど、危ないので軍手をして作業しましょう。

 

椅子を張り替えてリフレッシュしましょう

材料をカットしましょう

座板を布に置き、サインペンなどで印をつけてカットします。
(表からは見えないのでサインペンでも何でもOK)

  • ウレタンチップ20mm→座板と同じサイズ
  • ウレタン10mm厚→座板+周り約5㎝
  • フェイクレザー→座板+周り約7~10㎝

プラスドライバーで座面を外します

敷物に椅子を引っくりかえし、留めているネジをプラスドライバーで外します。
外したネジは失くさない様、小箱や皿などに入れておす。

外すとこんな感じ、お見苦しくて申し訳ありません・・・・。

裏返すとこんな風になっています。
ちょっと面倒ですが、この状態でカバー生地の実寸を計ってから材料を購入するのが確実です。

留めつけてあるタッカーを外しましょう

グルリと留めてあるタッカーを外しますが、これが一番の難関!
力と根気がいる作業です。

まずは一つづつマイナスドライバーで浮かせます。

浮いたタッカーをペンチで抜き取っていきます。
この作業が本当に大変でした。

材料を重ねてタッカーで留める

タッカーを取り外すと、2枚のウレタンがこの順番で重なっています。
同じ順番で重ねて完成させましょう。

タッカーで回りを留めていきましょう

ちょっと引っ張り気味にしてタッカーで止めつけていきます。
左手で上から押さえ、右手で打ち込むと安定します。

まずはカーブが緩やかなセンター部分を打ち込みます。

それからカーブの部分を丁寧に打ち込んでいきましょう。

後は埋めるように細かく打ち込みます。

今回レザー生地を座面板+7㎝ほどでカットしましたが、画像のようにギリギリでした。
もっと大きく切っておいたら、引っ張りやすいのでカーブがきれいに作れたんじゃないでしょうか。
大きい分には後でカットすればいいですからね。

この時、板のささくれやタッカーの抜き残りなどで危険なので軍手は必須です。

プラスドライバーで椅子に留める

外したネジを元のネジ穴にプラスドライバーで留めます。
この時、ネジをどこかへ失くすと大変なことになるので、必ずどこかへ転がっていなかいよう、集めて保管しておきましょう。

細かなところはやっぱり素人仕上げ

やはりカーブはプロの仕上がりとは雲泥の差。
我が家を訪ねてくるのは、気の置けない友達くらいなので問題はないですね。
破れた椅子よりはずいぶんマシ、こうして並べてみるとかなり汚れていますね(笑)

張り替え方法は、こちらの説明を参考にしました↓生地のカットの仕方も画像付きで分かりやすいです。
https://item.rakuten.co.jp/w520/c/0000002840/

椅子の張替えにかかった材料費

フェイクレザー @1,470円×2.6m 3,822円
ウレタンチップ @405×4 1,620円
ウレタンロール10mm×100cm×200cm @1,101円×2 2,202円
合計 7,644円

かかった費用は1脚2,000円ほど、かかった時間は1脚につき2時間ほどでしょうか。
(生地のカットの時間は含めず。)
一脚づつ、一か月ほどかけて完成させました。

座面の取り外しと取り付けやタッカーで留めるのは簡単なのですが、タッカーを外すのにかなり時間がかかってしまいました。
今回は強力なタッカーでなくクラフト用を使ったので、次回は外すのにさほど手間取らないはずです。

ご覧のように慣れないDIYで仕上がりはイマイチですが、部屋が一気に明るくなったので満足しています。
ヘたれたクッションも張り替えたことで座り心地もよくなりました。
気に入っている椅子なので、次もカバーが破れる前に張り替えて愛用していきたいです!

便利な張り替えセットも!

張り替え用の材料がセットになっている便利なセットもあります!
最初からコンパクトにカットされているため扱いやすくておススメです。
ただ、わたしもセット購入をと調べてみましたが、セット販売しているものは50㎝角以内サイズ対応のようなのでご注意くださいね。

その中でも、こちらのショップのセット商品はレザーも豊富なカラーから選べて価格もリーズナブル。
ウレタン厚も細かく選べて、とても親切だと思いました。
座面50㎝角まで対応できます。

我が家の椅子のように50㎝角以上は今のところ単品で購入するしかないようです。(2017年10月現在)
購入する際には、実寸を確認してから購入しましょうね。

最小限の手間で格安でプロにおまかせ!

こんなお店も見つけました。
座面を椅子から自分で外し、座面のみを送ることで手間を省いて格安で張り替えをしてくれます。
なんと1脚3,000円~と格安料金!さらにまとめて送ると割安になるようです。

座面の取り外し・取り付けだけなら、家にあるプラスドライバーで簡単にできちゃいますよね。
一番面倒で力と手間のかかる、古いタッカー外しもお店まかせでプロがきれいに仕上げてくれます!

しかも座面だけを送ることで、大型で通常高くなってしまう送料も大幅に抑えられます。
食卓で使っている椅子だと、修理に出してしまうと食事の時に困りますよね。
けれど送るのが座面だけなので、クッションやバスタオルを代わりに敷いて仕上がるまでの数日間はしのげそうです。

手間と時間、揃える道具代を考えれば、お任せしちゃうのも賢い選択かもですね。
*ウレタンの交換は別料金です。

まとめ

見ていただいたように手順としてはシンプルです。
タッカー外しに手間と時間、力が必要なので男手があると楽に時間短縮ができると思います。

簡単で誰にでもできますが、やはり美しく仕上げたいならプロにまかせた方がよさそうですね。
近所で張り替えしてくれるところがあれば、安くはない送料が節約できるので調べてみてはいかがでしょうか。

座面カバーを新しくするだけで、雰囲気が明るくなりますよ。
思い切って違う色や素材にすると、さらに気分がリフレッシュします!

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です