東京で『ジブリ美術館』は外せない!ジブオタ入場券チケットを忘れるの巻き

長女が仕事で東京へ行って3年目、毎年11月に一人旅を兼ねて東京へ遊びに行きます。
「ジブリ」が設立されるずっと前から宮崎さんファンのわたくし、東京へ行くなら『ジブリ美術館』は外せません。

今年は夜のジブリ美術館を眺めようと、午後からのチケットを取って出掛けました。
ところが発売開始と同時にPCにかじりついてゲットした大事なチケット。わたしときたら、大事なチケットを家に置いたまま出掛けてしまったのです・・・。
はてさて、どうなったでしょう。

吉祥寺からジブリ美術館までは徒歩で20分

この日は午後2時のチケットを取ったので、吉祥寺をぶらぶらしてランチをしてから『ジブリ美術館』へ向かいました。
11月最後の週末、回り道をして美しい紅葉を眺めながらゆっくりと散策がてら向かいます。

吉祥寺からジブリ美術館まで、寄り道せずにゆっくり歩いても20分くらいでしょうか。電車で三鷹駅からコミュニティバスに乗るよりも早いですね。
荷物が少なく、陽気がよければ徒歩をお勧めしたいです。

 

一年ぶりのジブリ美術館、何度きてもワクワクしますね。
今年の5月からは「食べるを描く。」の特別展が行われていて、こちらも気になります。

 

ジブリの入場券チケットを忘れた!

気分よくジブリ美術館まで辿りつたいのですが、なんと肝心なチケットがない!!
どうやら出発前日にチケットを確認し、違うポーチに入れて置いてきてしまったようです・・・。
いや、なんでわざわざ入れ替えて忘れるかな、わたし。

娘には「荷物と一緒に送ればよかったのに。」と呆れられるわ、自分でも情けないわ。
何よりも「ジブリ美術館」が目の前にあるのに入れないなんて!!

ということでスタッフのお兄さんに「チケットを忘れてきたのですが・・・。」と、ダメ元で申し出ました。
ここまで来たのに、何の努力もせずに帰れません!

 

ジブリの神対応に感謝!

スタッフのお兄さんは、娘のように呆れることなく穏やかに対応してくださいました。
名前と電話番号をわたしから聞き取り、ローソンチケットに問い合わせてくださったようです。

確認が取れると受付を通していただけました、感謝です。
「チケットは家にあります。」と言ったので、帰宅してから送ってくださいと言われました。
偽造防止なのかしら?もちろん帰ってすぐに送りました。

最初に「お電話いただいてますか?」と聞かれたので、事前に電話でと言わせすると待たなくて済むかもしれません。
もちろん忘れないのが一番ですよね、反省です。

 

ジブリ美術館巨人兵3連発

ジブリ作品の中で「天空のラピュタ」が一番好き!という方は多いと思います。
わたしもラピュタ好きなので、毎回屋上の巨人兵に会いに行きます。

この哀愁に満ちた背中!胸キュンでございます。

そして今回の目玉。
暗闇に浮かびあがる巨人兵の姿です。
いいなぁ、わたしも見守られたい(笑)

 

カフェ麦わらぼうしの「少しおとなのジンジャーエール」

今回もカフェ「麦わらぼうし」は2時近く待って入ってきました。
カフェへ向かったのは3時すぎでしたが、「マダムのおさかなパイ」は並んだ時点で売りきれてました。

「おとなのジンジャーエール」を頼みましたが、なんと本物のジンジャー(生姜)をすりおろしたのが沈んでました!
ギュッと目が覚める大人の味です。さすがジブリですねぇ。

それからこちらの「ストロー」、本物の藁でできているんですよ。
細くて軽いのですぐに浮いてきて、落ちてしまわないか心配したのですが以外に大丈夫(笑)。

カフェ「麦わらもうし」を利用したいなら、土日は2時間くらい待つのを覚悟した方がいいですね。
今回は「チケット忘れ事件?」もあったため、カフェに入ったら時間が足りなくて常設展示はほぼ見られませんでした。
閉館前に企画展示「食べるを描く。」を回ったら、ガラガラでゆったりと見られたので満足ですけどね。

企画展示の「食べるを描く。」に合わせて、11月からカフェでは新メニューが出そろっています。
マダムのおさかなパイ(魔女の宅急便)、シベリア(風立ちぬ)、あらしのよるのハムラーメン、お城のベーコンエッグ(パン付き)(ハウルの城)などなど。
最近は混んでるカフェは避けてたわ、って方もまた是非並んでくださいね(笑)。

 

土星座のミニシアターは見逃せない!

土星座のミニシアターも必ず見て帰ってくださいね。
9本のショーと映画が1月ごとに巡って上映されているのため、すべての映画をコンプリートするには最低9回通わなければなりません。
わたしはまだ3本しか見てないです。

今回は「めいとこねこバス」。ねこバス社会はあんなシステムになっていたとは・・・。
9本のミニ映画、元気で東京に行けるうちにコンプリートできるかしら?

 

閉館はベルでお知らせ

閉館の6時になるとベルで知らせてくれます。
もちろんジブリ美術館、「ブー」なんて無粋なベルじゃありません。
カランカランと手で持って鳴らす、あの「ベル」です。

ベルを鳴らしながらスタッフが「閉館ですよぉ~。」と知らせて回ってくれます。
閉館までいたのは今回初めてですが、ジブリらしいなぁ~と思ったのでした。

 

ジブリ美術館は年3回の休館日に注意!

大人気のジブリ美術館は、チケットを手に入れるのも大変です。
毎月10日に「ローソンチケット」で翌月のチケットが販売されます。

定休日はありませんが、毎年5月に「展示入れ替え休館」・11月に「メンテナンス休館」が10日ほどあります。
他に年始年末も休館になるので公式サイトで確認しましょう。
http://www.ghibli-museum.jp/ticket/

 

さいごに

思えばわたしが「宮崎ワールド」に魅了されたのは、「太陽の王子 ホルスの大冒険」でした(amazonプライムで見られます)。
カルピス劇場で育った年代でもありますしね。
あれから40年以上、宮崎ワールドにどっぷりとつかりまくってます(笑)

ジブリはそんなおばさんを少女に戻してくれる素敵な場所なのです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です