愛知ジブリパークいよいよ始動!!20年初頭「トトロふるさと村」オープン

愛知県の愛・地球博記念公演を「ジブリパーク」として再生させる構想がいよいよ本格始します。

構想は愛知万博の会場跡の「愛・地球記念公園」の200ヘクタールの園内を、地球や生きものへの愛など、ジブリ作品が描いてきた世界感でいっぱいするそうです!!
ジブオタの管理人としては、これを聞いただけでワクワクです。

愛・地球博記念公園:サツキとメイの家

20年代初頭『トトロふるさと村』がオープン

まず2020年代初頭に、宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」の世界を再現した「トトロのふるさと村」がオープン予定。
それ以降も、ジブリ作品を順次具現化していく予定だそう。
ぶっちゃけ、オリンピックよりも楽しみですね(笑)

構想デザインは2018年春に公表

基本デザインは来年(2018年)春に公表されるそうです。
愛知県は11月1日に「ジブリパーク構想推進室」を立ち上げ、オープンにむけて本格始動の体制に入ったそう。

愛・地球博祈念公園には、愛知万博で展示された「サツキとメイの家」があります。
いずれはこちらも撤去されるでしょうから、まだ見ていない方は早めに行っておいた方がいいかもしれませんね。

愛・地球博記念公演のある長久手は、IKEAイケアもオープンしたばかりで活気のある街です。
今後ジブリパーク構想で、ますます人気の街になりそうですね!

愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)の公式サイトはこちら
http://www.pref.aichi.jp/koen/AI_CHIKYU/ai-top.html

まとめ

気になる「ジブリパーク」に関しては、詳細がわかり次第にアップしていく予定です。
皆さんで盛り上げていきましょう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です