ママチャリおススメ!ブリジストンが最強!3万で丈夫で長持ち!

11年愛用してきたママチャリ、さすがにペダルが重くなってきて買い換えることにしました。
半年ほど、どこで買おうかと迷っていましたが、「ブリジストンの自転車を買う!」と決めてました。
それほど最初に買ったブリジストンのママチャリが、トラブルが少なくて軽くて使いやすいかったんですよね。

確かにブリジストンの自転車は他のメーカーと比べれば若干お高いです。
けれど10年の間、気持ちよく乗れることを考えれば、コスパ決して高くはないと他メーカーに乗り換えて確信しました。

そして実は無駄なオプションンを切り捨てれば、ブリジストンの自転車でも3万円ほどで買えちゃうのです。
今からママチャリを買おうと思っている方、是非最後まで読んでみてくださいね。

 

ブリジストン自転車は丈夫で長持ち

現在の自転車はイ○ンのPB商品トップバリューブランドで11年乗りました。
その前の自転車がブリジストンでやはり11年乗っていました。

それなら乗り続けらる年数は変わらないじゃないと思うでしょ。
けれどブリジストンの自転車に乗っていた11年間は育児の真最中!前と後ろに子供を乗せて相当ハードに乗り回してました。
姉妹年の差が離れていたので、結局10年保育園通いしてました。

そのためタイヤの減りもすごく早く、後ろのタイヤゴムを5回は変えたくらい酷使しちゃってました。
今考えれば、自転車もよくぞ頑張って走ってくれたと思います。ご近所の自転車屋のおじさんとも仲良くなりました!(笑)

それでも乗っていた11年間、パンクやすり減ったタイヤ交換など消耗品の他にはトラブルはありませんでした。
乗り換えたのも乗れなくなったからではなく、さすがに汚れてボロボロになってしまったからです。

他メーカーでチェーンって外れるものなのだと知る

トップバリューブランドの自転車は購入後半年もしないくらいにチェーンが外れるようになりました。
あまりに頻繁に外れるため、チェーンをはめるコツも覚えて前かごに軍手をいれていたくらいです。

さすがに何度も繰り返すので「初期不良じゃないのか。」と、イ○ンの自転車売り場で強気に出たら、やっと新しいチェーンに交換してもらいました。それからは外れたことはないのでやっぱり初期不良だったんですよね。
ブリジストンの時はチェーンが外れることも交換したこともなかったので、チェーンって外れるんだとビックリしました。

とはいえ11年乗れたので十分元は取れたと思っていますし、チェーンはたまたまハズレひいちゃったんでしょうね。
3回も同じトラブルで有料修理を繰り返しているのに、対応が酷すぎましたね。自社ブランドにこの対応では、次はないなとその時に思いました。

トラブルなく使えれば結局はお得

トラブルが多いと修理代がかかるのは当然ながら、修理に行かなければならないという手間ヒマが辛いです。
朝の通勤・通学に使っていると、朝のトラブルは致命的!慌ててタクシー捕まえたって方もいるんじゃないでしょうか。

多少高いくらいなら、トラブルがない方が結局はお得なんです。
ブリジストンから浮気心で乗り換えて、それを実感しましたね。

しかし今回自転車屋を回ってみましたが、大型店舗でもブリジストンの自転車を在庫を置いているところって少ないんですね。
わたしが「ブリジストンがいいです!」とこだわるっていたら、「ブリジストンは同じレベルの自転車でも、なぜか長持ちするんですよねぇ。」と、ある大型店舗で店長さんに言われました。

そこの大型店舗でも割安の自社ブランドの自転車が並んおり、一番売れ筋の商品は『オートライト+変速つきで3万くらいの自転車』だそう。
勧められましたが、「ブリジストン」とわたしがシツコイので、ブリジストンのカタログを見せてもらえることになりました。

オプションなしならブリジストンの自転車でも3万円で買える

「お取寄せならネットの方が安いでしょ、実際の自転車を見るために実店舗にわざわざ足を運んだのに。」
そう思いつつも、せっかくなのでカタログを見せてもらうことことにしました。

ネットであらかじめチェックをして、「税込み4万」くらいで予算はたててましたが、店長さんの説明を聞いてみると、3万くらいで購入できることが判明!嬉しい誤算ですね。
わざわざお店まで足を運んだかいがあったというものです。
ネットでは「売れ筋商品」や「売りたい商品」ばかりがピックアップしているので、見つけられないものもあるんですね。

わたしの予算4万円の自転車は、オートライト(点灯虫)がついているタイプでしたが、これを手動ランプ(ダイナモランプ)+変速なしにすると1万も安くなっちゃうんです!
(オートライトとは自転車の前のライトが暗くなると自動的に点灯する機能のこと。)

専業主婦で夜暗くなってから自転車で外を走ることは滅多にないので、オートライトも変速も必要ありません。
変速もオートライトもない、ベーシックなタイプだと3万1800円(税込)で、値引きをしてもらえば約3万円ほどで購入でます。

同シリーズは3種。
わたしのように余分な機能は不要というかたは十分じゃないでしょうか。

エンブリッジU/19.2kg

低くまたぎやすいU型フレームで乗り降りが楽々ですね。
サビに強いステンレスハンドル。
わたしはこちらを購入しました。なぜならサドルがブラウンがかわいいから。

エンブリッジC/19.7kg

レトロテイストでオシャレなフォルム、カラーもこじゃれています。
後ろが丈夫な作りになっており、子乗せOKのモデルです。

エンブリッジL/15.8kg

アルミフレームの軽量モデルです。
前かごもステンレスバスケットで丈夫でクール!

こちらのベーシックタイプに3段変速のオプション追加で+5,000円(メーカー希望価格)。
自動ランプ(点灯虫)のオプション追加で+3,000円。
3段変速+自動ランプ(点灯虫)の両方追加で+8,000円。
必要なオプションを追加してください。

ちなみに3万以下の商品もカタログにありますが、そもそも3万は出さないとブリジストンを選ぶ意味がないそうです。
目安はブリジストンのカタログで「オープンプライス」となっている自転車です。

今どき手動ライトは手元で簡単操作

昭和生まれのわたしは、手動ライトといえば自転車を降りて操作するものと思っていました。
けれど手元に届いてわかりましたが、今どきの手動ライト(ダイナモライト)は自転車を降りずに手元で簡単に操作ができるようになっているんですよ!

このグレイのハンドルでライトのONとOFFができるので、乗ったままで手が届きますよね。

このハンドルがライトと繋がっているのがわかるかと思います。

このグレイのハンドルを横にするとONになり、縦に回せばOFFになります。
簡単ですよね!

子どもが乗るのならオートライトがやっぱり安心ですけれど、大人が乗るのなら自分でコントロールできる手動の方が便利かも。

自転車を買うのなら近所の自転車屋がおススメ

大型店舗でも在庫が無いくらいなので、ほとんどの実店舗ではお取寄せになってしまうようですね。
それならネット通販でも同じだと思いますが、ここはやはり出来れば近所の「街の自転車屋さん」が一番いいと思います。

なぜなら自転車は消耗品が多いので必ず修理やメンテナンスが必要になるからです。お店で買って顔を覚えてもらうことは、多少ネットで安く買うよりも長い目で見ればお得になるはずです。
以前のブリジストンが快適に11年も乗れたのも、通っていた自転車屋さんのおかげとも思っているからです。

通っていた自転車屋さんのおじさんが、「そろそろタイヤ替えたいいよ。」とか、ブレーキランプ切れそうだよ。」。
などアドバイスがあったからこそ、酷使していたにもかかわらず快適に乗れていたんでしょうね。

ただ、残念なことに「街の自転車屋」は姿を消してしまっていますよね。
大型チェーン店では店員さんも変わってしまってあまり意味が無いかもしれません。
ただし大型店舗でも実際に実物を確認できたり、今回のようにカタログを見ながら説明していただける利点はあります。

ネットで自転車を買う時に注意するべきこと

近所に自転車屋がない、見に行く暇も無いと言うのなら手軽なネット通販もいいですよね。
しかもネット通販の方が実店舗よりもポイントなどがついて安く購入できる場合が多いです。

配送料&組立

ネット通販で購入する場合に一番気をつけたいのはやはり送料です。
送料込みと書かれていても、「近くの系列実店舗での受け取り」の条件があったり、配達先地域によって送料が変わったり、自分で組み立てる商品だったりします。
自分で納得するまで確認しましょう。

アフターフォロー

アフターフォローの有無も大事ですね。
「1年保障」などつく場合、どこの店舗で対応してくれるのかなどもしっかりと確認しましょう。
大型商品なだけに、気軽に修理に送ったりできないので注意が必要です。

全国に実店舗がある場合、支店でフォローしてくれます。

納期の確認

納期も必ず確認しておきましょう。
春先などは需要が多く、納品までに3週間ほどかかる場合もあるようですよ。

他にも疑問に思ったこと曖昧にせずに必ず質問したから注文するべきですね。

自転車の鍵はボタン式キーレスロックが便利で安心

わたしは購入した後に、自転車の鍵は必ずダイヤル式に交換しています。
朝出かける時になって自転車の鍵を探し回ったり、急いで自転車を止めて無意識にどこかのポケットに入れてしまってあちこちのポケットを探ったりという経験ありますよね。

こちらの数字のボタンを押して開錠するキーロックなら鍵を持ち歩く必要はありません。一度使ったらもう普通の鍵には戻れないほど便利です。

しかも鍵がなくても番号さえわかれば家族誰でも自転車に乗っていくことが出来ます。
「パンクの修理だしておいて。」なんて時にも役に立ちますね。
鍵の番号を忘れてしまうのが一番怖いので番号札をスマホで撮って保存しておくと便利ですよ。

ただし、鍵を交換してしまうとメーカーの盗難保障(ほとんどの場合は1年間)が無効になることがある可能性があとのことなので自己責任でお願いします。
特に大手メーカーの自転車は3年盗難保障の場合も多いです。

さいごに

わたしのブリジストン自転車への愛を語ってみましたがいかがでしょうか。
これはあくまでもママチャリの場合ですのでご参考にしてくださね。
必要な機能だけをチョイスして、賢く買い物をしてください。

子供用はすぐにサイズアウトするし、遠くまで乗り回すこともないでしょうから高価なものは必要ないでしょう。
昔はお下がりの自転車などが回ってきましたが、今はどうなんでしょうね。

通勤・通学で近くの駅までの往復に使う場合、盗難のリスクが大きいので高い自転車はおすすめしません。
また盗難防止なら、派手なカラーの車体を選ぶ・目立つシールを貼り付けるなどしておくと防止効果がありますよ。

おばぁばでした!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です